V6岡田くんファンのいつきがV6の話題以外の日常についてつらつら書いています。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - - -
買っちゃった
JUGEMテーマ:日記・一般
次の更新は春アニメの一言感想にしよう〜と思っていたのですが、こちらを先に書きま〜す。
いくとこまでいったなーと冷静に考えると思うのですが、ついに買っちゃったよ、宮野くんのライブDVD。正直、声優さんはアニメ番組でお芝居してるのを聴くのが好きなので、あまりパーソナルな活動には興味はなかったはずなんですが、なぜかポチして買ってました(笑)。
このDVD、震災の影響で発売が遅れたので、ちょうど連休前に届いたんですよ〜。おかげで連休中はこのDVD見まくりです。

なんか、見ていて違和感がないのは、なんとなくジャニのライブに通じるものがあるからなのかな。
かなり踊るし、ギター弾いたり、ちょっとコントっぽいコーナーがあったり、客席登場があったり。ほかの声優さんのコンサートとかまったく知らないので、よく分からないけど、こんなに色々出来る人がいるんだ!?とびっくりしました。ダンスとか、かなり激しいし。すごい〜。
あと、歌、本当に巧いですね。声も深みがあって好きな声なんですよ。演技してるときとはまた違った声がいいです♪
背が高いから、ダンスが栄えてカッコ良かった。でも一番好みだったのは一曲しかやらなかったギターを弾く姿だったのでした。衣装と合ってて、ちょっと見惚れちゃった。

メイキングもたっぷりで面白かったなー。合間に入るインタビューとか見てると、舞台挨拶で見た、ニコニコしてた好青年な宮野くんの人柄が見えたし、人を楽しませるのが好きなんだなっていうのもよく伝わってきました。

DVD買ったら、中に今年のライブの案内が入っていて、「行きたい〜」という思いが強くなってます。ちょうどその時期はVもコンサートないし、舞台の予定もないし、行っちゃおうかな(笑)。まあ宮野くん好きな人は私の周りにはいないので、いくとしても一人で行くんですが。本当に行ったらサクっと感想書いてると思います〜。


 
23:30 DVD感想 comments(0) -
撃沈・・・・
JUGEMテーマ:日記・一般
先日から騒いでいた戦国BASARAフェス蒼の陣、20日が一般発売で、私はネットから挑戦しました。10時1分に繋がるも、枚数指定(2枚)したら、その枚数では取れないとはじかれ、再度アクセスしたらすでにSOLD OUTでした・・・・。プレオーダー2回やってるし、一般は枚数少なかったんでしょうね。残念!ああ、行きたかったよ〜。

私がなぜこんなに行きたいと思っているかといいますと、ちょっと前にDVD「戦国BASARA バサラ祭り2009 春の陣」を買って見たからなんですね。
このDVDは、今年の5月に日比谷公会堂で行われた、PSP「戦国BASARA BATTLE HEROS」の発売に際して行われた出演声優さんたちによるイベントの様子を納めたものです。最初はまったく買うつもりがなかったんですが、通販サイトを検索しているときに、なんとなく「買ってしまえ〜」と買ってみました。なので、全然期待せずに見たら、これがもう面白くって!!

私はこの「戦国BASARA」をきっかけに、お気に入りの声優さんが増えてきたのですが、そのお気に入りの声優さんが今回は3人参加されてまして。その3人とは、伊達政宗役の中井和哉さん、片倉小十郎役の森川智之さん、松永久秀役の藤原啓治さんです!演技してる声しかほとんど知らないから、素でしゃべっているのを見て、すごく新鮮だったんですねー。まあ当然なんですが、演技してる声と素の声が違うから、やっぱり声優さんってスゴイな〜なんて単純な私はそれだけで感動。

イベントは本当にいろんなコーナー盛りだくさんで、ゲームについてのトークショー、生アフレコ、PSPゲーム対戦などなど、どれも見ていて楽しかったです。
一番面白かったのはやはり生アフレコですね〜。今回はキャストシャッフルして、アニメの方の1シーンに声をあてるっていうのをやってくれたんですが、お笑いに走る人あり、めちゃカッコよく演じてしまう人ありで、かなり笑わせてもらいました。一番ツボだったのは特典映像に入ってた昼の部のアフレコで、政宗役を森川さんがやったのと、藤原さんがやったもの。ものすごーーくカッコ良くて、メロメロしちゃいました。もちろん、一番は中井さんが演じた政宗がイイんですけどね♪

このDVDを持って、先週の日曜日にまほちゃんのお家にお邪魔して、まほちゃんのお友達のTちゃんKちゃんとも一緒に見て4人でギャーギャー言いながら盛り上がったんですが、まほちゃんから、これ見て私が2月のイベント行きたくなった気持ちが分かるよ〜と言われて嬉しくなりました。嬉しかったけど、でも行けないんだよな・・・・。またこのDVDみたいに発売してくれるのを期待して待ちたいと思います。
 
22:50 DVD感想 comments(0) -
DVD「銀魂 ジャンプアニメツアー」
JUGEMテーマ:日記・一般
普段、V関連のDVDを買うときは、発売日前日にどうしても入手したいがため、必ずお店で予約して買うんですが、まあそんなに入手急がないし〜と思って久々にアマゾン利用したら、なんと発売日前日に届いていました。びっくりー。
で、そのDVDは何かというと、本日の日記タイトル通りです。
トータルで40分ちょっとだし、発売情報を知ったときはそんなに興味はなかったんですが、レビューを見てたら2008年の方は攘夷時代が描かれているらしい!と分かって即購入決定。
2008年の内容としては、時間は10分、劇場版銀魂の予告編とそのオチなわけなんですが、もう10分でも大満足でした。原作でもまだ見たことない攘夷戦争時代の銀さん、桂、高杉、坂本の4人が同じ画面で動いている!素晴らしいですねー。このウソ予告編、ものすごくクオリティ高いし、密度が濃くて、もう何度同じものを見ているか分かりません。それくらい好き。
主題歌「曇天」の入り方もめちゃカッコいい!ああ、これがウソ予告じゃなくて、本当に映画化だったら何度も通うのに!!
高杉好きな私としては、彼が隻眼となった瞬間が描かれていたのにゾクっとしました。そしてその直後の銀さんと高杉の共闘もカッコいいしね♪

2005年の方もしっかり見ました。
これはまだアニメ化する前にアニメツアーで流されたものだそうで。
だからか、とっても新鮮な感じがしました。声優さんの演技もそうだし、絵の感じもまだこなれてないような・・・・・。真選組との花見の話にモビルスーツなんて出てきてましたっけ(うろおぼえ)。銀魂というマンガの紹介アニメっぽく、オールスターで面白かったです。

これからしばらくは見続けるんだろうなー。それくらい気に入ってます。
本当は今週土曜日からハワイ旅行なんですが、何も用意してません。DVD見てる場合じゃないのに、手が止まらないのですー。
他にも月曜日に飲み会でスゴイ話聞いちゃって、そのこともこっちに書きたいのに、時間がないです。。。
 
23:31 DVD感想 comments(0) -
DVD「魍魎の匣」「運命じゃない人」
JUGEMテーマ:日記・一般

先日、「蜉蝣峠」で堤さんの着物姿を見てから、着物姿の堤さんがもう一度見たい病にかかっておりまして、ちょうどこの映画は観に行ってなかったなぁと思い、「魍魎の匣」をレンタルしてきました。ついでに、オススメ作品として棚に飾ってあったあの「アフタースクール」の内田けんじ監督の「運命じゃない人」もウワサで面白いと聞いていたので、一緒に借りてきました。明日返却期限なので、昨日と今日とで慌てて鑑賞。

「魍魎の匣」は本当に出演陣が私好みの役者さんが多くて、ウキウキでしたが、作品としては前シリーズの「姑獲鳥の夏」はあまり好みの映画じゃなかったんで、今回は監督も変わったし、どうなのかなぁと思ってみてみて、やっぱり私にはこの世界観は向いてないんだなぁと思いました。
小説を読んでいたらまた感じ方も違ったのかもしれませんね・・・。映像化するには難しそうな内容だっていうのは想像できるのですが、ただ不気味なだけに感じてしまって。私には普通の推理モノの方が向いてるみたいです(汗)。
でも役者さんたちは素晴らしかった!堤さんはもう登場シーンからステキでね〜。着物をばっちり着こなして似合ってるし、京極堂のミステリアスな部分も感じられて見ごたえありました。
阿部寛さん、椎名桔平さんもハマってたな〜。この三人は同い年だそうですね。だからか、三人でしゃべってるシーンはチームワークがとても良く感じられました。三人とも好きな俳優さんだから嬉しい。また共演してくれないかなぁ。
そして出てるって知らなかったクドカン。役者としてみるのはほぼ初めてに近いのですが、ああいう役にハマりますね。

「運命じゃない人」はやはりテイストは少し「アフタースクール」に似てるものを感じましたが、出てる役者さんは決して派手ではないのに、見せ方一つでこういう面白い映画が出来るんだなぁと思いました。
エンドロールがちょこっと巻き戻ったり、別アングルから同じシーンを見せたり、ちょっと木更津〜テイストも感じつつ、「ああ、ここにはこの時にこの人がいたのね!」と納得しながら最後まで一気に見ました。ラストシーンはなかなかいい終わり方だったんじゃないかと思います。その後を想像するのも楽しいし。時間がないから一回しか見られませんでしたが、これは何度か見るとまた違った面白さが発見できそうな気がします。

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]

運命じゃない人 [DVD]
運命じゃない人 [DVD]

23:46 DVD感想 comments(0) -
DVD「ヒートアイランド」
ヒート アイランド
ヒート アイランド

JUGEMテーマ:日記・一般

この一週間、仕事でヘトヘトだったので、週末は家でのんびりするぞー!と会社帰りに最寄り駅のTSUTAYAに寄ってDVDを借りてきました。
去年、映画化を知って観に行こうかなぁと思って結局時間がなくて観にいけなかった(だいたい私はこのパターンが多い・・・)「ヒートアイランド」です。
もともと原作を読んでいて、ハードでスリリングな展開でスカっとする結末が好きだったし、映画化にあたってキャストも結構合っているような気がしたので、一度は見たかったんですよ。
映画はやはり原作とは違う展開になってましたね・・・。映画オリジナルキャラもいるし、原作では男性だったオーナーが女性になってるし、ストーリーもちょっと複雑にしてあったり。何よりびっくりしたのはカオルの存在感がなかったこと。完全にストーリー上で脇になってしまってましたよね。それよりヤクザの子分の方が映画はインパクトがあってちと残念でした。アキとカオルの関係がバランスよくてカッコよくて好きだったのに〜。
ストーリーも原作読んだときほどドキドキしませんでしたが、逆に複雑になった展開をどうやってまとめるんだということにドキドキしてしまいました(^^;まあ上手いこと原作どおりのラストにはなっていて一安心でした。
00:21 DVD感想 comments(0) -
再びブーム中
フランス旅行前に、実はすでに買ってあったのですが、ようやく先々週末、実家に帰ったときに見ました。のだめのドラマDVD BOX!!もう本当にこのドラマ好きで、録画してない回もあったから思い切って買っちゃったんです〜。で、母もこのドラマを後半から見ていて、全部見たいということだったので、実家に全部持って帰って、父をそっちのけで二人、延々見てました。
私ももちろん楽しんで見ましたが、母もかなり楽しんでいましたね。かなり声出して笑っていたし。なのでどっぷり「のだめ」に浸った週末になっていたのでした。
それにしてもやっぱり千秋な玉木くんはカッコいいなー。他のキャラもいいし、何より音楽が素晴らしくいいので、何度見ても飽きないですね。この間会ったとき、「のだめ」のDVD-BOXを買ったと言ったら、鑑賞会をやって〜と頼まれている友人もいるので、また再び再燃しそうです。

そんな状態なので、この間、MAZDAのCMに玉木くんが出てるのを見てメロメロしてしまいました。モノクロでカッコいいのだ〜。
23:31 DVD感想 comments(0) -
DVD「プリズンブレイク」
今、渋谷ツタヤで旧作半額レンタルキャンペーン中なので、以前から気になっていたDVDをようやく借りました!岡田くんファンのTちゃんがかなり前から面白いよ〜と言っていて、しかも主演の俳優さんの雰囲気が少し岡田くんに似てる気がするの〜と言っていたことも思い出し、シリーズモノだし、見始めると大変かなぁと思って避けていたのですが、ついに借りてきました!「プリズンブレイク」です。
プリズン・ブレイク〈VOL.1〉
プリズン・ブレイク〈VOL.1〉
ポール・T. シェアリング
週末から借り始め、今日までで4巻、8話まで見ました。最初の2巻分くらいは24を見たときほど続きが気になる〜って感じはしなかったんですよ。あまりに唐突に物語が始まるし、あんなに都合よくあの刑務所に入れるのか〜とか冷静に思っちゃって。でも、4巻はぐわーっと面白さが一気に来ました。問題山積みだし、関わってくる人も明らかになってきて、続きが気になってきてます。
主役のウェントワース・ミラーのストイックさがいいですね。目的のために一生懸命で、でも冷静なあたり、ついつい応援しながら見ています。ストイックなところが少し岡田くんっぽい感じかな!?というより、こういう役、やってみて欲しいなぁと思いました。意外と岡田くんも似合うんじゃないかな〜なんてファンの贔屓目では思ってしまってます。それはさておき、来週からフランス旅行なので、それまでに全部見られるわけはないし、きっと旅行中は続きが気になってしまうんだろうな。
00:25 DVD感想 comments(0) -
DVD「DEATH NOTE - THE LAST NAME -」
DEATH NOTE デスノート the Last name
DEATH NOTE デスノート the Last name
藤原竜也
ずーっとレンタル中で借りられなかったんですが、ようやく先週末に借りることが出来ました。実は前編もテレビ放映で見ただけで、後編もレンタルで初めて見るので、映画館に観に行ってない作品なんですよねー。観たい観たいと思いつつ、公開が終わってしまっていたという。
私は原作をまったく読んでいませんし、何の知識もなく観ているので、複線とか先の展開もまったく分からずだーっと観ておりました。勢いのある話ですねー。まあなんとなく最後に名前を書かれるのは月だって思ってましたが、ああいうオチだと思わなかったし、Lもああいうラストになるとは思わなかったし、観ていて面白かったです。藤原竜也くんも松山ケンイチくんも巧いですね。二人のぶつかり合いは見ごたえありました。
今度は前編も借りて、一気に見てみたいなーと思いました。
00:14 DVD感想 comments(0) -
DVD「ゴッドファーザー」
ゴッドファーザー
ゴッドファーザー
マーロン・ブランド

V日記にも書きましたが、大阪支社の先輩とエイトコンのことでメールのやりとりをしているときに、ふと「ゴッドファーザーを昨日久々に見たんだけれど、アル・パシーノが岡田くんと雰囲気が似ているよ」といわれて、ずっと興味がある作品ではあったのに見ていなかったので背中を押してもらった気分になり、その日のうちにレンタルしてきました。
マフィアの話ということくらいしか知らなかったけれど、最初は淡々とストーリーが進んでいくのにぐいぐいひきこまれていって、3時間超ある作品なのに平日の夜に一気に見てしまいました。ハイ、面白かったです。
まずはマーロン・ブランドの存在感に圧倒されましたね。いかにもファミリーのドンという感じだし、襲撃されてからマーロン・ブランドが画面から登場する回数が減るととたんに心もとない気分になるあたり、凄いな、と。
先輩が大絶賛の若き日のアル・パシーノは確かにあの何か背負っている雰囲気が岡田くんと似てる感じはしました(ファンなのでこう感じるんでしょうけれど・・・)。最初はファミリーにはあまり関わらない立場だったのが、父親が襲撃されてから一気に顔つきが変わる演技は素晴らしかったです。
結局1回しか観ることが出来きずに返却してしまったので、またじっくり見たいなと思う作品でした。続きのシリーズも少しずつ見ていこうと思います。
23:57 DVD感想 comments(0) -
DVD「鋼の錬金術師」 TVシリーズ
ツタヤの半額レンタルでもう一本借り続けていたのはTVアニメ「鋼の錬金術師」シリーズです。全13巻。2年くらい前に深夜の再放送(しかも話はとびとび)で見て、途中で再放送が終わってしまったので、ずーっと続きが気になっていたんですね。なので7巻くらいまでは再放送で見ていたので、その続きをコツコツ借りてきてようやく今日最終回まで見終わりました。
原作のマンガも壮大な話ですが、アニメも途中からオリジナルストーリーになっていて、アニメはアニメでこれまた壮大なストーリーになっていました。登場人物はほぼ原作と同じなのに、設定がかなり違っていて、すごく驚きでしたねー。一番驚いたのは「ホムンクルスがどうやって出来るか」です。そのおかげでラストの最期も大幅に違っていたし、オリジナルキャラもいましたし。ああいうラストの最期も良かったけれど、私としては原作のロイ大佐とラストの戦いがアニメでも見たかったなぁというのが本音です。アニメ放映当時は原作がそこまで進んでいなかったんでしょうかね!?
それと同じくらいに結末、つまりは真理の扉の向こう側の設定は驚きました。当時の原作好きの人の感想とか、どんなだったのか気になりますが、私としてはあまりに違う話にただただ驚くばかり。アニメと原作は全然別物なんだなぁと実感しました。確か映画はこのアニメの設定が続いているんですよね・・・・。好評だったのかなぁ。

7巻から連続してみていたので、オープニング・エンディングは楽しめました。曲もいい曲多かったですね。私としては、二代目のラルクと四代目のアジカンのオープニングがお気に入り。アニメの動きがいいし、後は何よりロイ大佐の炎練成シーンがあるから(笑)。エンディングは四代目が好きですね。エンディングは動きがなかったことが多かったのに、四代目は派手な動きはないけれど、曲と合っていて良かったんで。

DVDのEXTRAに入っている「裏はがね」(予告編の特別ナレーション)には大笑い。声優さんがすごい早口で面白いアフレコつけていたので、改めて声優さんって凄いなぁなんて思いながら楽しめました。
アニメ見て、またまた熱がアップしたので、久々にマンガを1巻から読み直そうかなって気分になってます。
00:08 DVD感想 comments(0) -
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
PROFILE
NEW ENTRY
CATEGORY
MOBILE
qrcode
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVE
LINKS
銀魂ブログパーツ
SPONSORED LINK